「暮らし/海外生活」「スイス/生活ガイド」カテゴリーの登録サイトです

勝ち組よりすごいかも

スポンサードリンク

前回の記事で取り上げたスイス在住の日本人男性について。この人がヨーロッパに移り住んで幸せになれたのは、ひとつには、日本脱出の動機が、いわゆる“現実逃避”ではなかったからだと思います。

チーズフォンデュ

彼は、学歴社会で挫折するどころか、東大に入学して何不自由ない学生生活を送っていたのです。そのまま卒業していれば、一流企業に入社して出世できたかもしれません。

少なくとも、何もかも捨てて、言葉もわからないスウェーデンでいちからやり直すよりは楽だったのではないでしょうか。

今だったら、彼が日本に残ってそれなりの社会的地位を築いていたら「勝ち組」なんて呼ばれていたでしょう。

当時、この表現自体はなかったにしても、そのように人間を分類する風潮はあっただろうし、この人はそういうのがいやだったんだろうと思います。

(ちなみに、私も「勝ち組」「負け組」って分け方はあまり好きにはなれません。誰が何の尺度で決めるんですかね~。)

でも、日本人としてのやさしさを失ってしまったわけではなくて、初めてスイスへ来た私の悩み相談にも乗ってくれたのです。

スポンサードリンク

ホームステイ先での食事を巡るトラブルのことも話しました。チューリヒの街を案内してもらっていたとき、以前、夕食抜きの日があったという話をして、「スイスの食習慣について私が勉強不足だったんでしょうか」ときくと、彼は、それは違うと答えました。

「だって、お客さんが来てるのに、夜9時までほったらかしにしてから“おなかすいてるか”ってきいてきたんでしょ?信じられないよ、そんな非人間的なふるまいをするなんて」そして、彼は、「今晩も夕食抜きだったら困るからね」と言って、たまたまもっていたバナナを1本私にくれたのです。

なんか、街中での大人の行動としてはちょっと変だし笑えますよね。でも、当時の私としては切実な問題だったので、ありがたくめぐんでいただきました。

さらに、後日、“そういう事情なら”と気を遣ってくださって、ホームステイ先まで夕食を作りにきてくれたのです。もちろん、家族の人たちも私も大喜び。詳しいメニューは忘れましたが、スイスの固い豆腐をさいころ状に切ってカレー風味に炒めた一品が記憶に残っています。

台所で調理を手伝いながら、その手際よさと料理の腕前に感心したのも覚えています。その夜は、それは楽しくにぎやかで、おいしい食事会となりました。

今でも脳裏に焼きついている、スイスで会った風変わりな日本人の思い出です。こういう人って、「勝ち組」の概念をはるかに超えてるのかも・・・。

スポンサードリンク

このページのトップへ

も く じ
トップページ
スイスへの渡航
インターンの大変さ
スイスで日本語を教える
持ち寄りパーティー
バレンタインと誕生日
特技を身につけておこう
外国人用カルタ作り
スイスでてんぷら
スイスの米でおにぎり
帰国子女候補生
帰国子女は苦労人
アメリカンなアジア人
ドイツ語のDuとSie
超スイス人的日本人
祖国を捨てた日本人
勝ち組よりすごいかも
ロシア在住キャリア女性
ドイツの日本人一家1
ドイツの日本人一家2
スイスというアウェイ
謝罪しなかったドイツ人
発音コンプレックス
日本文化の逆襲
食習慣の違い
意外なリスニング訓練
スイス人のモト彼?!
とんだミスマッチ
東西のプライバシー
空港からのお別れ電話
相互リンク集
相互リンクのお申し込み
お問い合わせ
リ ン ク