「暮らし/海外生活」「スイス/生活ガイド」カテゴリーの登録サイトです

食習慣の違い

スポンサードリンク

日本とスイスでは食習慣が違います。でも、そのことは最初からわかっていたので、ホームステイ先ではベジタリアンのメニューにも適応できたし、和食が食べられなくても平気でした。

それよりつらかったのは、“1日に一度しか温かい料理を食べない”というスイスやドイツの習慣でした。あちらの食事は脂っこいため、健康のためにそのほうがよいと考えられていたようです。

野菜サラダ

たとえば、朝食にパンとチーズ、昼食にパスタとサラダと食べたとします。そうしたら、お昼に既に温かいものを食べているから、という理由で、晩ご飯はまた、パンとハムなど火を通さない物しか食べられないのです。

これは、家庭によって方針が違っているようですが、私の滞在した家ではこんな感じでした。毎晩、温かいご飯とおかずを食べることに慣れていた私は、こういう晩ご飯のメニューはちょっと寂しかったですね。

でも、少なくとも食事にありつければまだありがたかったのです。そのホームステイ先では、ときどき夕飯の出ない日もあったんです。

たとえば、お昼過ぎにみんなで外出してピザを食べ、夕方帰ってきたら、その日の食事はもう終わり、という感じでした。当時、学校の長期休暇中に、ベビーシッターをする代わりに無料で同居させてもらっていた私は、肩身が狭く、おなかがすいても我慢するしかなかったのです。

スポンサードリンク

ところが、ある夜、例によって晩ご飯が出なかったとき、9時ぐらいになって、奥さんが何気なく「ひょっとして、おなかすいてんの?」ときいてきたのです。お昼を食べたきりだったので、すいているにきまってます。

私が遠慮がちに答えると、彼女はきょとんとしてこう言いました。「じゃあ、なんでじっとしてるの? 勝手に冷蔵庫あけて、自分の分だけ何か作って食べればいいじゃない」(え・・・?)私はあ然としました。

よそ様の家の台所で、冷蔵庫をあけて食べ物を物色したり、家族みんながいる前で、自分の分だけ調理して食べろだって・・・??日本でだったらまずありえないことです。

(そんな利己的で失礼なこと・・・) 私がとまどっていると、彼女だけでなく、家族全員が、「全然かまわない」と言うのです。日本よりは個人主義の国だとはわかっていましたが、まさか、ここまで極端だとは・・・。

それを知ってから、私は勇気を出して、空腹時には自分の分だけの食事を調達することにしました。けれども、最初は「おなか減ってないから」と言っていた家族たちも、いざ私が調理したものを運んできたら、ものほしそうな顔をすることがよくあったんです。

そんな中でひとり食事を楽しむわけにはいかず、結局、人数分作ってあげるはめになったこともしばしば。ほんと、みんな調子いいというか、中途半端な個人主義ですよね。

それなら、最初から当番を決めるか、協力しながら作ればよかったものを、何しろ、いきあたりばったりが好きな人たちだったので・・・。私のスイス生活の中で、もっともひもじかった思い出です。

スポンサードリンク

このページのトップへ

も く じ
トップページ
スイスへの渡航
インターンの大変さ
スイスで日本語を教える
持ち寄りパーティー
バレンタインと誕生日
特技を身につけておこう
外国人用カルタ作り
スイスでてんぷら
スイスの米でおにぎり
帰国子女候補生
帰国子女は苦労人
アメリカンなアジア人
ドイツ語のDuとSie
超スイス人的日本人
祖国を捨てた日本人
勝ち組よりすごいかも
ロシア在住キャリア女性
ドイツの日本人一家1
ドイツの日本人一家2
スイスというアウェイ
謝罪しなかったドイツ人
発音コンプレックス
日本文化の逆襲
食習慣の違い
意外なリスニング訓練
スイス人のモト彼?!
とんだミスマッチ
東西のプライバシー
空港からのお別れ電話
相互リンク集
相互リンクのお申し込み
お問い合わせ
リ ン ク